最新記事一覧

債務整理の手続きを進める

悩む人

法的な手続きの代行をする

借金問題の相談を受け付けている専門家として、代表的な存在が弁護士です。弁護士は法的に解決できる問題であれば、様々な分野の手続きを代行して解決するサービスを提供しています。近年増加している傾向にある借金相談は、消費者金融のカードローンやキャッシングを利用して借り入れたお金を返済できないものです。弁護士は専門家として、消費者金融と利用者との間の問題を解決することが可能です。長期間継続して同じ消費者金融から融資を受けている人であれば、過払い金が生じている可能性が高く、法律で認められている利息よりも高い利率で借り入れをしていたときには任意整理が適用できます。消費者金融に問い合わせをして借り入れや返済の履歴を確認する作業や、過払い金があるときには金額を計算して現在の借金額に充当する手続きを行います。弁護士に相談して依頼をするとその時点で、借り入れ先の業者に対して受任通知を発送しますので、取り立てをストップさせることも可能です。受任通知を受け取った業者は、それ以降は取り立てができない仕組みとなっており、無理に取り立てを実行すると業務停止などのペナルティが発生します。任意整理では解決できないと判断した債務者には自己破産の手続きを進める手助けをします。自己破産は裁判所に書類を提出する手続きですので、専門的な書類の作成を行います。裁判官への借金が返済できない理由を説明する作業の代行も弁護士がしますので、相談者の負担を軽くすることができます。