最新記事一覧

債務整理をするなら

メンズ

借金問題に悩んでいる場合には債務整理をするのも手段ですが、債務整理をする前に専門機関に相談して適切なアドバイスを受けることが大切です。専門機関に相談することで適切な借金解決の方法を選ぶことができます。

詳しく見る

債務整理で解決する

貯金箱

借金を返済できないときには、弁護士などの専門家に相談することで債務整理の手続きで解決できます。債務整理にはいくつかの手続きがあり、任意整理を選択する債務者が多くなっています。任意整理であれば自己破産と比較して、デメリットが少ないことが特徴です。

詳しく見る

弁護士に依頼するメリット

説明

債権金額や他案件にも対応

司法書士の中でも認定司法書士であれば任意整理の代理人を引き受けることができます。借金相談は、弁護士よりも司法書士に依頼をしたほうが費用としては安く受任してもらえることができます。安いことはメリットであるのですが、1社あたりの債務金額が140万円以内に限られてしまうのです。債権額が大きいと司法書士に依頼しても対応できないことがあります。その点、弁護士であれば140万円をこえる債権についても取り扱うことができるので制限がないです。そのため弁護士に依頼するか司法書士に依頼するかは、140万円を基準に選ぶとよいです。しかし、任意整理のつもりで司法書士に借金相談をしても債権者と交渉した結果任意整理に至らない、また任意整理をしてもその後に借金返済に行き詰ってしまうケースもあります。そうなると、任意整理ではなく個人再生や自己破産といった債務整理の選択肢を考えなければならなくなります。ところが、認定司法書士では任意整理の代理人になることはできますが、個人再生や自己破産の代理人になることはできないのです。弁護士は、任意整理の手続きが難しい場合でも引き続き受任してくれますので安心して相談をすることができます。司法書士に借金相談をしてから弁護士に変えると余計に費用がかかてしまいます。法律事務所によっては、任意整理でどれだけ借金が減るか無料相談を行っている事務所もあります。まずは無料相談を試してみるのも方法です。

費用の質問を行う

お金

借金は弁護士に相談ができますが、どの弁護士も借金問題を専門としているわけではありません。借金相談をするときには、専門としている法律事務所を選ぶことが大切です。また、初回は無料で受け付けていても、正式に依頼するときには費用が発生します。

詳しく見る

債務整理の手続きを進める

悩む人

借金問題を解決するには弁護士に相談するのが最適で、債務者ごとに適した解決方法を提案してくれます。任意整理を行う場合には、金融業者と交渉して契約内容をまとめて借金額を減らします。任意整理で解決できないときには、自己破産が成立するように書類の作成を行います。

詳しく見る

費用相場や専門家の選び方

説明

借金の返済が大変なときは弁護士や司法書士などの専門家に相談するのがおすすめです。実際の額を減らしてくれたり過払い金を返還してくれたりするだけでなく、取り立ての精神的負担も減らしてくれます。無料相談やホームページなどで概要を調べておくとよいでしょう。

詳しく見る